帳面

昨日の流れで、ちょっと達成感があったりもしてもう毎日更新はいいかなって思ったりもしたけど、やっぱりこうやって文章書くのは好きだったりもするから、今日も書いてみよ。
ちなみに、これはリアルタイムなブログです笑

って書き始めたはいいけど、なに書こうかな?
一応、ネタに困ったりしないようにブログネタをお気に入りノートにストックしてるんですよね。そのノートみると、多分あと1~2ヵ月は毎日続けられそうなくらいのネタはあります。でも、実際そのノートを開いて、じゃあ今日はこれについて書こうかなっていうことは、ほとんどないですね。だいたい、その時の気分で頭に浮かんだことを書きだしたり、前日から少しかぶるようなことを書いたり。
なので、このノートのこのページをチェックするのも久しぶりだなぁ。

ってことで、今回もこのネタ帳のネタは無視して思ったこと書いてこ笑
いや、ホント書くことが浮かばなかったから、参考にして書こうと思ったんだけど、実際こうやってキーボード叩いてると意外とこうやって書けちゃったりするし、このことについて書こうっていうものが頭に浮かんで来たりするんですよね。

なので、今日は、そのネタとか書いたりスケジュール管理に使ってるノートの話。

今メインで使ってるのは”Rollbahn”(ロルバーン)のA6サイズ黄色い表紙のノートです。
ロルバーンとの出会いは、10年くらい前かな。名古屋の金山駅にある”アスナル金山”2階にある雑貨屋さんで見つけたのが最初。その時、小さ目のメモ帳が必要で何でもいいから買おうと思って店内を見て回ってたんだけど、真っ赤な表紙のA7サイズの”Rollbahn”を見つけて一発で気に入ってしまいました。何でもいいからっていうよりもこのメモ帳が欲しい!って感じで。

正直、A7は小さすぎたので書きづらい感じはしたんだけど、ポケットにも入るサイズで、重宝していました。
見た目の良さで選んだこのメモだけど、実際に使ってみて思ったのは、方眼ノート使いやすい!ってこと。今って方眼ノートって流行ってるけど、ホント使いやすいんですよね。普通の罫線のって字の大きさを決められてしまう感じがするけど、方眼ってその枠内に収めるわけでもなく自由に書きたい大きさで書ける感じがあるんですよね。まー使う人の考え方はいろいろですけど僕はね。そうやって自由に書けるんだけど、無地とは違って、真っすぐに書けるし、線を引くときも枠で囲むときも、あたりまえだけど書きやすいし。さらに、ミシン目がついてるから、人にメモを渡すときにもキレイに切り離して渡せるっていう。
最初使った時、目からウロコというか、結構感動しました。

あと、この紙の色と紙質がいいんです!薄黄色の紙なので、黒のボールペンで書くのももちろんいいんですけど、ブルーブラックとかブルーと合うんですよね。色の感じが。あと赤ペンも。すごく目に優しくて書いた文字が読みやすいです。
それに、僕の持ってるラミーの万年筆(EF)ですごく書きやすいし裏抜けしない。これかなりポイント高いです。まーEFだとそんなにインクフローがよくもないから、裏抜けしずらいってのもあるけど。

そんなお気に入りの”Rollbahn”をスケジュール管理&なんでもノートに使ってるんだけど、市販のスケジュールタイプのは使ってないんです。毎年カレンダー付きのが出てるんだけど、高いんですよね。同じサイズで倍のお値段。。なんかもったいないし、表紙に年号が入っちゃってるから、もしノートが余っても翌年使いづらいしね。
なので僕は、150円くらいで売ってる安いスケジュールノート買って、それをコピーして今使ってる”Rollbahn”に貼りつけてスケジュール帳代わりに。ただそれだと、少し厚みが出過ぎちゃうので、リングを開いて紙を数枚抜いて持ち歩きやすい厚みにして使っています。
で、ある程度メモ書きが溜まってきて必要のなくなったページを抜いて新しい紙を補充したりしてます。

で、先日メモ書きスペースの紙がなくなってきちゃったから新しいのを買ったんですね。せっかくなんで表紙の色が違うのを。今回買ったのはターコイズっぽいの。結構キレイな色で好きな感じ。
なんだけど、いざ家に帰って今までの黄色のと比べたとき、なんか違和感があったんですよね。今までの黄色の方がしっくり来る感じ。
なので、表紙は今まで通り黄色で、そこに新しい紙を補充しました。多分今年はこの黄色のまま行く感じかな。で、気が向いたら来年はターコイズにしようかな。

でも今、一つ気になってるノートあるんですよね。
PLUSから出てる”Ca.Crea”(カ・クリエ)っていうノート。A4の1/3サイズの縦型ノート。
これが、実際にお店で持ってみたときにサイズ感がいいんですよね。しかも今の”Rollbahn”と違って、糸かがり式でペタッとフラットに開くノートタイプと、真ん中のリングがないリングタイプの2種類の展開。
このリング式って、さっき僕が書いたみたいに、紙を抜いたり足したりができるから便利なんだけど、正直左のページが書きづらいんですよね。リングのふくらみがジャマで。
なので、このカ・クリエみたく、真ん中のリングがないのって手が置きやすくて書きやすい!みたい。使ってないから実際はわかんないけど笑

これは、使いたくなりますよね。糸かがりのもリングのも、どっちも使ってみたい!
うーん、来年の手帳はこれにしようかなぁ。カレンダーページのダウンロードとかもできるみたいだし。文房具好きとしてはかなりそそられるノートです。

って感じで今日も長くなっちゃったなぁ。
最初、今日はなに書こうって迷ってたわりには笑
文具ネタは際限なく行ってしまいそうなので、今日はこの辺で無理やり終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です